西神戸店

078-920-1188

明石西店

078-949-1380

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日/第1・3火曜日

自動車コラム

新車情報

フリード クロスターハイブリッドの魅力を徹底解説

フリードクロスター オレンジ ファミリー

ホンダが誇る、万能コンパクトミニバンの「フリード」は、一般的なミニバンと比較して大きすぎず、それでいてある程度までの大人数が乗れる「ちょうどいい」クルマとして幅広い世代に高い人気を集めています。

 

さらに現行モデルでは、SUV風のデザインが取り入れられた「クロスター」が登場しました。専用デザインでアウトドアを好むご家族にピッタリのクルマです。

フリードクロスター オレンジ フロント
画像引用元:ホンダ

「フリードクロスター ハイブリッド」は、SUVテイストかつ燃費のよいハイブリッド車であり、見た目も性能も充実と注目度の高いグレードです。本記事では、フリードクロスター ハイブリッドに焦点を当て、その魅力を解説します。

 

マイナーチェンジでデザインが変更

 

 

フリードは2019年10月 にマイナーチェンジが行われました。まずはマイナーチェンジによりどのような部分がどう変わったか、変更点について詳しくご紹介します。

 

SUVライクな「クロスター」の登場

SUV人気の流れにのって、フリードでもクロスオーバースタイルとなった新グレード「クロスター」が追加されました。従来のノーマルグレードと比べ、多くの専用パーツが装着されています。

フリードクロスター パール
画像引用元:ホンダ

 

ここにボックスタイトルを入力
  • メッキ仕様の専用フロントグリル
  • 下部にメッキ加工が施された専用フロントバンパー
  • 下部にメッキ加工が施された専用リアバンパー
  • 前後ロアースポイラー
  • サイドシルガーニッシュ
  • ルーフレール
  • 15インチ専用アルミホイール
  • LEDフロントフォグランプ
  • 汚れの目立ちにくいデジタル柄専用コンビシート
  • プライウッド調パネル
  • シルバー塗装のドアハンドル、ドアミラー

 

クロスターの特徴については、後程「クロスターの特徴」にて詳しく解説します。

 

他のグレードにも機能が追加

・先進の安全運転支援システムHonda SENSINGが全グレードに標準装備

 

レーダーとカメラで車や歩行者を検知し、ブレーキやステアリングを自動で制御し、快適な運転をサポートしてくれる機能が全グレードに標準装備されました。

 

また、ガソリン車にはない装備として、交差点などで進行方向の内側を照らし、巻き込み事故を防ぐアクティブコーナーライト機能が標準装備されています。

 

Honda SENSINGの安全機能については、後程詳しくご紹介します。

 

後方誤発進抑制機能が追加

ホンダセンシング 後方誤発進抑制機能
画像引用元:ホンダ

 

リアバンパーに設置されているセンサーによって、10km/hで後退時および停車時にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急な後退を防止し、音と表示で知らせる機能です。

 

マイナーチェンジ前までは誤発進抑制機能が前方のみについていましたが、新たに後方に対しても追加されたことにより、より安全性が高い仕様となっています。

 

ステップダウンシフト制御

フリード ブレーキ操作ステップダウンシフト制御
画像引用元:ホンダ

 

下り坂でシフトレバーを操作せずとも、一定のブレーキ操作のみでエンジンブレーキを併用した「ステップダウンシフト制御」を、Hondaのミニバンで初めて採用。エンジンに負荷をかけないなめらかな走りが行えます。

 

フリード ハイブリッドのグレード毎の違い

フリード SPORT HYBRID i-DCD
画像引用元:ホンダ

 

ハイブリッド車のグレードの違いを一覧にまとめました。

 

 

グレード名 駆動方式 乗車人数 新車価格
フリード HYBRID G
Honda SENSING
FF 6人乗り 2,561,900円
7人乗り 2,583,900円
4WD 6人乗り 2,798,400円
フリード+ HYBRID G
Honda SENSING
FF 5人乗り 2,583,900円
4WD 5人乗り 2,820,400円
フリード HYBRID CROSSTAR
Honda SENSING
FF 6人乗り 2,781,900円
4WD 6人乗り 3,018,400円
フリード+ HYBRID CROSSTAR
Honda SENSING
FF 5人乗り 2,803,900円
4WD 5人乗り 3,040,400円

 

 

ハイブリッドでは、HYBRID GとHYBRID CROSSTARの2つというシンプルな構成です。すべてのグレードでFF/4WDが選べます。

 

フリード+は、乗車人数が5人乗りとなっており、3列目のシートがありません。その分、ラゲッジスペースが広く、たくさんの荷物を積むことができます。

 

さらに、フリード+専用装備の荷室用ユーティリティーボードやユーティリティーナット、タイダウンフックが利用できます。普段から乗車人数が5人以下の場合は、フリード+を検討するのもよいでしょう。

 

HYBRID G・Honda SENSING

画像引用元:ホンダ

HYBRID GではHYBRID CROSSTARにはない7人乗りの仕様があるため、シートに違いがあります。2列目は6:4分割のタンブルシートを採用しており、フラットにすると広い空間を作るシートアレンジができます。

 

また、両側パワースライドドアであり、ガソリン車のグレードGと同様の装備が備わっています。

 

 HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING

HYBRID CROSSTARは7人乗りモデルはなく、5人乗りまたは6人乗りの設定ですが、グレード「G」よりも約22万円ほど高い上位グレードとなっています。

 

クロスター専用のオプションパーツが追加されており、内装・外装ともに変更が加えられています。

 

HYBRID G・Honda SENSING、HYBRID CROSSTAR・Honda SENSINGともにFFと4WDが選択できますが、共通して以下の装備に違いがあります。

  • 運転席・助手席ヒートシーター
  • ロールサンシェード
  • IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付フロントウインドウガラス
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

これらの装備はFFではメーカーオプションですが、4WDでは標準装備となっています。駆動方式だけでなく室内の快適性がより向上するため、4WDを選択するという方法も1つの手です。

 

フリード ハイブリッドの特徴

フリード 水色 ファミリー
画像引用元:ホンダ

Honda SENSING機能により運転操作を支援

フリード ハイブリッドでは、全てにHonda SENSING機能がついています。Honda SENSINGは、事故につながるヒューマンエラーをなくすためにHondaが開発した安全運転支援システムで、以下のような機能が追加されています。

 

ここにボックスタイトルを入力
  • 衝突を予測して回避する「衝突軽減ブレーキ」「近距離衝突軽減ブレーキ」
  • 前方および後方への急加速を防ぐ「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」
  • 歩行者への衝突を避ける「歩行者事故低減ステアリング」
  • 車線内へのはみ出しを抑制する「路外逸脱抑制機能」
  • 車線内の真ん中を常に走行する「車線維持支援システム」
  • 適切な車間距離を維持しながら追従走行する「アダプティブクルーズコントロール」
  • 前方の車が発進したことを知らせる「先行車発進お知らせシステム」
  • 道路標識の見逃しを防ぐ「標識認識機能」
  • 自動でハイビームとロービームを切り替える「オートハイビーム」
  • 巻き込み事故を防ぐアクティブコーナーライト機能

 

 

これらの機能により、なんらかの不測の事態が発生した場合にもクルマが自動的に制御され、被害を最小限に留めてくれます。 車が運転者の安心・安全性を常に支援してくれることにより、快適なドライブを実現します。

 

 エコカーとして税金の減税を見込める

フリード ハイブリッドはエコカー減税の対象であり、FF車では自動車重量税が免除、4WDでも50%が減税されます。車両重量が1410〜1510kgなので、1年あたり7500円または1万円ですが、それが半額もしくは免除となるわけです。

 

ガソリン車のフリードでもエコカー減税の対象ですが、25%減税であるため、金額に差があります。維持費を考えると、この差は大きいです。

 

 乗りやすさと走行性能を両立

ハイブリッドシステム搭載により、ガソリン車と比べ低燃費を実現できます。ガソリン車、ハイブリッド両方で登録されているカタログ燃費性能は以下のとおりです。

 

駆動方式 走行モード 燃費(km/L)
ガソリン WLTCモード 17.0
市街地モード(WLTC-L) 13.2
郊外モード(WLTC-M) 17.6
高速道路モード(WLTC-H) 18.9
JC08モード 19.0
ハイブリッド WLTCモード 20.8
市街地モード(WLTC-L) 17.7
郊外モード(WLTC-M) 21.5
高速道路モード(WLTC-H) 21.9
JC08モード 28.0

 

実燃費は使用環境などにより変動しますが、ハイブリッドではJC08モードでリッター当たりの走行距離が30km近くに及ぶなど、ガソリン車と大きな差があります。

 

また、ハイブリッド車はガソリン車と比べて静音であることもあげられます。燃費性能や走行性能だけでなく、快適性という点でもハイブリッドの特徴です。

 

クロスターの特徴

フリード リアルタイムAWD〈インテリジェント・コントロール・システム〉
画像引用元:ホンダ

クロスターはクロスオーバースタイル

車高が高くパワーがあり、アウトドアやレジャー向きの多目的スポーツ車であるSUV。クロスオーバースタイルはSUVのなかでも、悪路走行より舗装路走行に重点を置いたスタイルです。SUVの要素を取り入れつつ、街乗りでの運転を重視しています。

 

このようなスタイルを「クロスオーバー といわれます。

 

最近では、トヨタ ヤリスの「ヤリスクロス」や、ホンダ フィットの「フィットクロスター」のように、今までコンパクトで扱いやすいと言われていた車にSUVの要素を取り入れたモデルが登場しています。フリード クロスターも同様に、フリードにクロスオーバースタイルを取り入れたモデルです。

 

ミニバンとSUVが合わさったエクステリア

フリード クロスターはさまざまな箇所がSUV風な造形となっています。サイドシルガーニッシュやルーフレールが追加装備され、専用のフロントバンパー・リアバンパーが装着されています。

 

さらにフロントバンパー・リアバンパーの下部やドアミラー、ドアハンドルがシルバー塗装されている点も、ノーマルグレードとは異なる点です。

 

フリードクロスター 専用シート
画像引用元:ホンダ

また、専用のLEDフォグランプや15インチ専用アルミホイールを採用。アウトドアシーンにもちょうどいいクロスオーバースタイルになっています。

 

内装はクロスター専用

クロスターの内装は専用デザインとなっています。ノーマルグレードではウォールナット調パネルだったものが、ブラック基調としたプライウッド調パネルに変更。

 

シート表皮にはシワや汚れが目立ちにくいプライムスムース・ファブリックの専用デジタル柄コンビシートが採用。しっとりとした質感でありながら、アウトドアにぴったりの雰囲気を醸し出しています。

 

クロスターのラゲッジルームの広さはベースモデルであるフリード・フリード+の広さと同じで、開口部の高さは1,110mm、最大幅1,080mmとなっています。地上高480mmの低床設計により、荷物の積み下ろしも楽々。

 

荷室用ユーティリティーボードを使用すれば、上下2段に分けて荷物を積むこともできます。

 

さらに、3列目シートを左右にはね上げれば広々としたスペースを確保可能。家族との旅行や買い物で荷物を沢山載せることが多い人にとって、大きなメリットといえるでしょう。今まで以上にアウトドアに向いているクルマに仕上がっています。

 

納期と価格

フリード クロスターはハイブリッドだけでなくガソリン車もあります。「フリード クロスター」ガソリンモデルの車両本体税込価格はFF(6人乗り)で2,380,400円、4WD(6人乗り)2,616,900円です。

 

また、「フリード+ クロスター」のガソリンモデルでは、FFが2,402,400円・4WDが2,638,900円となっており

 

どちらもハイブリッドと比べ、約40万円ほど価格が安くなります。

 

クロスターの納期 は2021年9月現在で3~4ヶ月程度が目安とされています。人気機種のため、納期が遅れることも考えられます。欲しい方は早めに交渉を始めておくとよいでしょう。

 

また、半導体不足・コロナの影響により、大幅な遅延の可能性も予想されるため、車検満了までに、買い替えをご検討の方はご注意ください。

 

ハイブリッドも4WDの設定

クロスターにもハイブリッド仕様、そして4WDが選択できます。4WDで後輪にもしっかり駆動力が伝わり、足場が悪いところでも安心して走行可能。ハイブリッドによる高い燃費性能・走行性能を兼ね備え、アウトドア向きのクロスターとの相性も抜群です。

フリード キャンプ ファミリー
画像引用元:ホンダ

 

まとめ:アウトドアを好むファミリーカーにピッタリ

今回はフリード ハイブリッドに焦点を当てつつ、2019年のマイナーチェンジで追加されたグレード「クロスター」について紹介いたしました。

 

フリード ハイブリッドはコンパクトミニバンでは珍しい4WDが選択でき、さらに室内の快適性を高める機能が標準装備など、注目すべき点があります。

フリードクロスター オレンジ ファミリー
画像引用元:ホンダ

また、アウトドアを好む方なら外装・内装により装飾が加えられたクロスターも候補にあがるでしょう。スポーティーな見た目から所有感も高まります。

 

クロスターの良さを知るには、実際に見て、また運転してみるのが一番です。購入をご検討の方は試乗してみることをおすすめします。

 

フリードの大きさはどのくらい?シエンタのサイズ・機能性・スペックについて徹底比較【新型ミニバン情報】フリードの大きさはシエンタと比較するとどうなんだろう?と気になっている方に向けて、新型フリードと新型シエンタの大きさを比較してみました。機能性やスペック、価格なども比較してみましたので購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...

 

比較
フリードのグレード「クロスター」と他のグレードの違いとは?2019年10月にマイナーチェンジされたフリード。注目の変更点は、クロスオーバーモデルの新グレード「クロスター」の登場です。本記事では、クロスターと他のグレードとの違いや、乗り出し価格、同じくクロスオーバースタイルのライバル車との比較を解説します。...

 

フリード 水色 ファミリー
フリードは値引き交渉でお得に購入! フリード・フリードプラスのスペックについてもご紹介フリードは値引き交渉でお得に購入できるとご存じでしょうか?今回は本体価格だけではなく、オプション費用も値引きできるテクニックをご紹介します。フリードの魅力や子育て世代におすすめのオプションも紹介していますので参考にしてみてください。...

 

フリード クロスター パール
フリードのカスタムグレード「フリード クロスター」とは?2019年10月に、フリードのクロスオーバーモデル「クロスター」が登場しました。クロスターは多くの専用パーツが装着され、SUV風にカスタムされたモデルです。クロスターは他のグレードとなにが違うのか、またさらなるカスタムを行うにはなにがおすすめなのか、詳しく解説します。...
ABOUT ME
ユウキ自動車 小笠原
お客様のお役に立つプロフェッショナルである事を追い求めています。 お客様のご要望やお悩みをお聞かせいただき、解決に導くお手伝いをします。 私だけで解決できることもあれば、整備士さんと共に解決することなど、いろいろな解決の方法がありますが、その最初のスタートは必ずお客様と私からです。 その最初のところで間違った受け取り方をしたり、少ない情報で判断したり、整備士さんにあやふやな伝達をすると、解決に時間がかかったり、解決出来なかったりしてしまいます。 ご要望やお悩みに寄り添えるよう、いろんな分野の情報をまんべんなく知識として蓄え、お客様に満足していただく接客を追い求めています。

PAGE TOP

営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日/第1・3火曜日